宝石修理リフォーム研究所 > 特設コンテンツ > 京都で選ぶ 鍛造製法の結婚指輪おすすめブランドBEST6

京都で選ぶ 鍛造製法の結婚指輪おすすめブランドBEST6

京都で話題 鍛造製法の結婚指輪おすすめブランドBEST6

京都で話題 鍛造製法の結婚指輪おすすめブランドBEST

京都市・四条河原町で結婚指輪(マリッジリング)を選ぶときに皆さんが一番重要にするのがデザイン性だと思います。最近では結婚指輪の種類やデザインも豊富になってきました。そんな中で「強度」「耐久性)「着け心地)にこだわる方も増えてきています。一生着けていくなかでもちろんデザインも大事ですが強度にもこだわりたいですね。そこで強度抜群な指輪の作り方「鍛造作り」についてご紹介致します。ブライダルフェアもチェックください

京都大丸前・四条通り

目次

京都大丸前・四条通り

アクセス 大阪・福井・奈良・滋賀・名古屋からもアクセス便利!大丸京都店前!

garden京都のブライダル情報

ご来店予約

 


京都で取り扱いしている結婚指輪の作り方は「鋳造製法」と「鍛造製法」の2種類あります。ほとんどのファッションジュエリーやチェーン店系のブライダル店の結婚指輪は「鋳造製法」で作られています。

 

京都で取り扱いしている結婚指輪の作り方は「鋳造製法」と「鍛造製法」の2種類あります。ほとんどのファッションジュエリーやチェーン店系のブライダル店の結婚指輪は「鋳造製法」で作られています。

鋳造作りについて
鋳造は溶かした金属を型に流し込めて造る製法です。
型を用意して作るのでウェーブなどの繊細なリングも作ることができます。
ですが、金属をそのまま流し込んで固めているため柔らかく気泡が発生したり素材にムラが出てしまうことがあり、傷が入りやすかったり変形してしまう可能性があります。
鋳造作りの◎長所
・複雑なデザインを作ることが可能。
・ウェーブ感があるリングを作ることが可能。
・硬い金属そのものを加工する必要がないため、繊細な造形が可能。
・デザインの自由度が高い。
・型を作れば同じものを幾つでも製作できる。
鋳造作りの△短所
・高温で溶かした金属を型に流し込む際に気泡が混入してしまう。
・金属の密度にムラが発生して「ス」(金属内部の穴)ができてしまう。
・柔らかく、耐久性があまりない。 (細いリングだと特にすぐまがってしまう)

結婚指輪探し|京都で話題な鍛造作りとは?

鍛造は「金属を鍛えて造る」製法です。金属の塊を叩いたり、伸ばしたりと何度も圧力をかけて作ることで金属を安定させる事が出来ます。
職人の高度な経験や技術が必要とされます!鍛造作りにも2つの製造方法があります。

1.伝統的な鍛造製法
金属の塊を叩いたり、伸ばしたりして棒状にしたものを曲げて指輪を作る鍛造方法です。熱して柔らかくした金属が鍛えられ、引き締められながら徐々に成形されていきます。
この鍛造製法は多くの手間と職人の経験や技量が必要とされる方法です。この技法は刀づくりなどにも用いられる長い歴史を持つ伝統的な技法です。

2.プレス・削りだしによる鍛造製法
金属をプレス機にかけて高圧で圧縮し、塊にしたものを機械で丸く打ち抜いたり、切削機で削り出したりして指輪を作る方法も鍛造製法です。第一次世界大戦のときにドイツで出来た技法です。戦地に向かう軍人さんたちが祖国に残す愛する人と同じ指輪を着けていける耐久性を持った鉄の指輪を作ったことがきっかけの技法です。この技法は自動車などの機械部品を作る工程を応用して制作される場合もあります。

結婚指輪にはこの「2」の製法が主に使われています。
鍛造作りのリングは密度が高く、気泡が残らないためかなり強度の良い指輪を作ることができます。
鋳造の指輪との強度を比べると、2~4倍といわれています。
ただ、職人の手でひとつひとつ作り上げていくため複雑なデザインを作るのは難しく、製作に時間がかかるのも事実です。

鍛造作りの◎長所
・鍛造することで密度が高くて強い指輪になる。
・鋳造製法に比べて変形にも比較的強く、金属表面の硬度も高い。
・鍛造製法のほうが手にしたときの質感(重量感、しっかり感)が高い。
・鍛造製法の方が表面硬度が高いため磨いた際の輝きも強くなります。
・金属の密度が高いため、金属の表面が滑らかになり着け心地も良い。

鍛造作りの△短所
・曲線や複雑なデザインを作るのが難しい。
・デザインは真っ直ぐなシルエットのリングに限定されがちです。
・伝統的な鍛造の場合は大量生産が難しい。
・職人の技量や経験が問われます。

鍛造は「金属を鍛えて造る」製法です。金属の塊を叩いたり、伸ばしたりと何度も圧力をかけて作ることで金属を安定させる事が出来ます。
職人の高度な経験や技術が必要とされます!鍛造作りにも2つの製造方法があります。  1.伝統的な鍛造製法
金属の塊を叩いたり、伸ばしたりして棒状にしたものを曲げて指輪を作る鍛造方法です。熱して柔らかくした金属が鍛えられ、引き締められながら徐々に成形されていきます。
この鍛造製法は多くの手間と職人の経験や技量が必要とされる方法です。この技法は刀づくりなどにも用いられる長い歴史を持つ伝統的な技法です。  2.プレス・削りだしによる鍛造製法
金属をプレス機にかけて高圧で圧縮し、塊にしたものを機械で丸く打ち抜いたり、切削機で削り出したりして指輪を作る方法も鍛造製法です。第一次世界大戦のときにドイツで出来た技法です。戦地に向かう軍人さんたちが祖国に残す愛する人と同じ指輪を着けていける耐久性を持った鉄の指輪を作ったことがきっかけの技法です。この技法は自動車などの機械部品を作る工程を応用して制作される場合もあります。  結婚指輪にはこの「2」の製法が主に使われています。
鍛造作りのリングは密度が高く、気泡が残らないためかなり強度の良い指輪を作ることができます。
鋳造の指輪との強度を比べると、2~4倍といわれています。
ただ、職人の手でひとつひとつ作り上げていくため複雑なデザインを作るのは難しく、製作に時間がかかるのも事実です。  鍛造作りの◎長所
・鍛造することで密度が高くて強い指輪になる。
・鋳造製法に比べて変形にも比較的強く、金属表面の硬度も高い。
・鍛造製法のほうが手にしたときの質感(重量感、しっかり感)が高い。
・鍛造製法の方が表面硬度が高いため磨いた際の輝きも強くなります。
・金属の密度が高いため、金属の表面が滑らかになり着け心地も良い。  鍛造作りの△短所
・曲線や複雑なデザインを作るのが難しい。
・デザインは真っ直ぐなシルエットのリングに限定されがちです。
・伝統的な鍛造の場合は大量生産が難しい。
・職人の技量や経験が問われます。
鋳造の指輪だと、スポーツや力仕事など重たい荷物を持つ際に指輪が変形してしまったり、留まっているダイヤモンドが取れてしまったりする可能性があります。ですが、鍛造の指輪は強度もしっかりしているため、家事や育児、重たい荷物を持つ際にも気にせず身に着けていただけます。指輪が曲がりにくいので、ダイヤを留めている爪もずれにくく、ダイヤ落ちの心配も少なくなります。表面硬度も高いのでキズも入りにくく、日常生活でも気にしないで使いたいという方にはオススメなのが 「鍛造」の結婚指輪です。

京都でおすすめの鍛造結婚指輪ブランド6選

京都でおすすめ鍛造ブランド<フィッシャー

1919年から100年以上続く、ドイツの鍛造製法の名門工房の【FISCHER~フィッシャー~】。
町工場(ネジなどの部品工場)出身が多い鍛造のドイツブランドでは珍しい石留めの宝飾職人が立ち上げた手作業に高いこだわりを持つブランドです。1/100mmの誤差も許さない完璧をひたすら追い求めるブランドならではの至高の着け心地と世界最高峰の耐久性が特徴です。フィッシャーのリングは、独自の合金技術で、マイスターの伝統技術を持った職人と最先端のテクノロジーの融合のもとに、一つひとつ大切に製作しています。お客様のリクエストに応え最高のリングをお届けするために、カルテ製作からダイヤセッティング、表面加工、できるまでには数々の工程を経て、最後にレーザー刻印を行い、完成します。

1919年から100年以上続く、ドイツの鍛造製法の名門工房の【FISCHER~フィッシャー~】。
町工場(ネジなどの部品工場)出身が多い鍛造のドイツブランドでは珍しい石留めの宝飾職人が立ち上げた手作業に高いこだわりを持つブランドです。1/100mmの誤差も許さない完璧をひたすら追い求めるブランドならではの至高の着け心地と世界最高峰の耐久性が特徴です。フィッシャーのリングは、独自の合金技術で、マイスターの伝統技術を持った職人と最先端のテクノロジーの融合のもとに、一つひとつ大切に製作しています。お客様のリクエストに応え最高のリングをお届けするために、カルテ製作からダイヤセッティング、表面加工、できるまでには数々の工程を経て、最後にレーザー刻印を行い、完成します。

フィッシャーの鍛造結婚指輪を見る


京都でおすすめ鍛造ブランド<パイロットブライダル

京都でおすすめ鍛造ブランド<パイロットブライダル>

年筆から始まった文具メーカーの【Pilot(パイロット)】が作る結婚指輪のブライダルジュエリーブランドです。
一生ものにふさわしい変形やキズに強い確かな耐久性。パイロット独自に開発した新素材「ウルトラハードプラチナ<UHP>」は、高純度と高硬度を持ちあわせ、結婚指輪にぴったりです。パイロットブライダルで使われるプラチナ999は純プラチナから独自の配合で作り出される他社では一切真似のできない素材で作られています。大正時代から続く企業らしい、独自のこだわりで結婚指輪一点一点を鍛造製法にて妥協なく作られている所が特徴です。着け心地と硬さにこだわった究極の結婚指輪それがパイロットブライダルです。

パイロットブライダルの鍛造結婚指輪を見る


京都でおすすめ鍛造ブランド<カタム

京都でおすすめ鍛造ブランド<カタム>

カタム“katamu”は「固む(かたむ)」と書き、ものを固くする他に、かたく守る、かたく誓う、しっかりと結ぶなどの意味を持ちます。
古来より結婚式の儀式で行う「夫婦が固めの盃」はふたりの結びつきを固めるために取り交わされます。おふたりのご縁をしっかりと「固む」耐久性・着け心地を最高にこだわったブランドが“katamu”です。また、指輪に留められたホワイトダイヤモンドはすべて「グレーシャスダイヤモンド」。最高の輝きを放つよう職人の手で理想的なプロポーションにカットされた、上質なダイヤモンドです。高い強度と滑らかな着け心地をもつのにふさわしい指輪として
一つひとつ金属を鍛えて作る鍛造製法により国内自社工房で作られるこだわりのブランドです。
指輪を1/100mm単位まで削り、指輪の内側を丸く削り込む『内甲丸』という技術を極限まで入れ込むことで国内ブランドの中でも最上級の着け心地を表現しています。

カタムの結婚指輪を見る


運営会社について

閉じる